最新記事



にゅーアニ TOP > スポンサー広告 > 歴史・文化 > 【歴史・文化】国土面積の小さい国(1)

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓登録・RTお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加  トップページへ戻る
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


【歴史・文化】国土面積の小さい国(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1018-1-01.gif

「世界で一番小さい国」というと
大抵の人がご存知のバチカン市国ですが
世界にはこの他にも小さな国がたくさんあります。

今回はそんな国について、いくつかみていきたいと思います。




バチカン市国 (ヨーロッパ) Wikipediaリンク

1018-1-02.png
1018-1-03.jpg
1018-1-05.png

人口:793人
面積:0.44km² (東京ディズニーランド0.52km²)
公用語:ラテン語 (常用語としてイタリア語)

言わずとしれた世界最小の主権国家で、イタリア・ローマの一角にあり
キリスト教カトリック教会の総本山、ローマ教皇が統治する国です。
国内は最長距離でも1km程度で、国旗は正方形。

モナコ公国 (ヨーロッパ) Wikipediaリンク
1018-1-06.png
1018-1-07.jpg
1018-1-08.png

人口:32,270人
面積:1.95km² 
公用語:フランス語

世界で2番目に小さい国家で、フランスの南東部に位置しています。
他国からの富豪の移住者が多く、外国籍者が84%、
租税回避地(タックス・ヘイブン)として注視されます。
国内にカジノを有していますが、モナコ国籍の人は禁止です。

サンマリノ共和国 (ヨーロッパ) Wikipediaリンク
1018-1-09.png
1018-1-10.jpg
1018-1-11.png

人口:30,002人
面積:61km² (東京都大田区60.42km²)
公用語:イタリア語

イタリア中東部に位置しており、小ささでは世界で5番目の国です。
EUの正式加盟国ではありませんがユーロの流通が認められており
消費税がないことから、多くの買い物観光客が訪れます。

リヒテンシュタイン公国 (ヨーロッパ) Wikipediaリンク
1018-1-12.png
1018-1-13.jpg
1018-1-14.jpg

人口:34,761人
面積:160km² 
公用語:ドイツ語

周囲をスイス、ドイツ、オーストリアに囲まれ
莫大な財産を持つリヒテンシュタイン家が世襲する半絶対・立憲君主制国家です。
こちらの国もタックス・ヘイブンとして注視されていて
ペーパーカンパニーが集中、国民に直接税がありません。



↓登録・RTお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加  トップページへ戻る



 コメント欄














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。