最新記事



にゅーアニ TOP > スポンサー広告 > その他のニュース > 【画像】幻想的な日本の廃墟 2012ベスト15

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓登録・RTお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加  トップページへ戻る
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


【画像】幻想的な日本の廃墟 2012ベスト15

このエントリーをはてなブックマークに追加
130115-02-01.jpg

海外フォーラムに投稿された日本の廃墟の写真が美しい。

廃墟の中には、物がほぼそのまま残されたまま放置されるものが多く
その物から当時の息吹や活気を感じることができるのも魅力の一つではないでしょうか。



15.海岸に放置された燃料庫
130115-02-02.jpg
北海道のとあるビーチに放置された燃料庫
半分が砂浜に埋まっていて、まるで人間が
この世から消えてしまったのではないかと感じさせられました。

14.学校の猫の脳の標本
130115-02-03.jpg
廃校となった学校に放置された猫の脳神経の標本。
廃校+標本は不気味さがより際立ちます。

13.登別『天華園』
130115-02-04.jpg
廃墟愛好家の間ではメジャーらしい天華園は
1992年4月に開園し、イベントでは雑技団などの演技が行われていた。
しかしすぐに客足が遠のき、1999年10月、わずか7年あまりで閉園。
跡地の再利用計画については、現在もこれといった進展はないそうです。

12.上流階級の家
130115-02-05.jpg
森の中に放置された、当時の上流階級をにおわせる家屋。
家屋の中には未だ多くの物が放置されたままのようです。

11.緑の園
130115-02-06.jpg
廃墟となった保育園。

10.中城高原ホテル
130115-02-07.jpg
中城(なかぐすく)高原ホテルは沖縄県中頭郡中城村にある廃墟となったホテル。
1970年代前半に建設を開始し、博覧会開催の1975年に開業を予定していましたが
建設企業が倒産、建設途中のまま工事が中断し30年以上放置されています。

9.廃病院
130115-02-08.jpg
照明器具を見るに、かなり古い建物でしょう。

8.廃墟となった診療所
130115-02-09.jpg
ラベルの文字を見る限り、これもかなり昔のものであることを感じさせます。
薬品が当時のまま放置されています。

7.ダッヂの廃車
130115-02-10.jpg
山の中に放置されたダッヂの廃車。
ダッヂはアメリカの自動車メーカー「クライスラー」のブランドの1つです。

6.白石鉱山
130115-02-11.jpg
こちらも廃墟愛好家の中ではかなり有名らしい白石鉱山。
正式名称は「白石工業桑名工場」。
三重県いなべ市藤原町にある廃鉱で、1921年(大正10年)に操業を開始し
1970年代に操業を停止。鉱山と呼ばれているものの
当時は石炭製品を生産していた「工場」だったそうです。
2012年より、解体作業が進行しているとのこと。

5.黒潮荘
130115-02-12.jpg
この黒潮荘は兵庫県洲本市にあった宿泊施設。
他の場所については微妙だった、ということですが
撮影者はレストラン跡には非常に感銘を受けた様子。

4.奈良ドリームランド
130115-02-13.jpg
1961年(昭和36年)開園、2006年8月閉園。
アメリカのディズニーランドを模倣して作られた遊園地でしたが
1983年に本家となる東京ディズニーランドが開園。
同時に客足が減り、閉園となりました。

3.府中基地跡
130115-02-14.jpg
府中基地跡は、東京都府中市にある米軍基地の跡。
現在はフェンスで囲われています。
1945年の終戦後、旧帝国陸軍燃料廠だったこの地に
米軍司令部が置かれ、1975年の米軍が横田基地に移動するまで使用されました。

2.根岸競馬場
130115-02-15.jpg
正式には横浜競馬場と呼ばれる。
幕末より外国人居留者向けの娯楽施設として営業していたが
1943年に競馬場としての機能は終了しています。
現存する建物は1929年竣工の一等馬見所のみ。

1.軍艦島
130115-02-16.jpg
長崎県端島(はしま)の通称として呼ばれる。
撮影者は「他の廃墟と次元が違う」と絶賛するほどの場所で
廃墟を語る上で軍艦島は欠かせないと主張しています。

軍艦島は、海底炭鉱に栄え、採炭が始まったのは1810年、江戸時代の文化7年といわれています。
本格的に採炭が始まったのは1890年、三菱財閥の所有地となってからで
1960年の最盛期には、0.063 km²(東京ドーム1個半ほど)の島に5,267人が居住し
世界一の人口密度を誇り、炭鉱施設・住宅のほか、
学校や病院、あらゆる店舗施設が存在し、立派な都市機能を有していました。


まるでゲームの世界のCGのようなこの写真。
HDR撮影機能というものを使って撮ったそうです。

写真のことは詳しくないのでよく分かりませんが、簡単に言えば
露出を変えた3枚のものを1つに合成する、といった技術のことのようです。

撮影者の方はこの他にも日本各地の廃墟を回って写真を撮っている様子。
今回登場した廃墟の写真を詳細に紹介していので、強くおすすめしたい。

原文:The best abandoned places in Japan 2012
撮影者サイト:http://www.totorotimes.com/




↓登録・RTお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加  トップページへ戻る



 コメント欄














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。