最新記事



にゅーアニ TOP > スポンサー広告 > 旅行 > 東日本縦断 鉄道一人旅 -鬼怒川温泉編2-

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓登録・RTお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加  トップページへ戻る
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)


東日本縦断 鉄道一人旅 -鬼怒川温泉編2-

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014-01-22-201.jpg2014-01-22-202.jpg

鬼怒川温泉は古くは会津西街道の宿場町を起源に持つ町で
山々に囲まれた絶景の渓谷を囲むようにたくさんの宿が軒を連ねています。


戦後特急が開通すると東京からの観光客が押し寄せ
昭和後期には一大観光地となり、繁忙期には多くのホテルが
期間従業員をたくさん雇うほどの盛況ぶりだったそうです。


2014-01-22-203.jpg
しかし、近年では客足の減少に伴い、閉鎖されたホテルもあり
周辺を歩くと当時の名残を感じさせる、寮として活用されていた建物や
廃墟となった住居などを見かけることができます。

2014-01-22-204.jpg
鬼怒川温泉では、宇都宮で歩き疲れた身体をゆっくり休め
明日は会津若松を目指します。



2014-01-22-205.jpg
鬼怒川温泉では宿泊施設そのものが目的だったので
駅から歩いて10分、『ほてる白河湯の蔵』さんに泊まりました。

2014-01-22-206.jpg2014-01-22-207.jpg
落ち着いた雰囲気のロビーから部屋に入ると

2014-01-22-208.jpg
一人で泊まるには贅沢すぎる、極上の空間でした。
全室川向きになっているので、窓からは鬼怒川を眺めることができます。

2014-01-22-209.jpg2014-01-22-210.jpg
しかも、シーズン外で早い時間にチェックインしたので
大浴場が貸切という贅沢まで・・・。

2014-01-22-211.jpg2014-01-22-212.jpg
食事は朝、夜ともに、専用の個室料亭で美味しい食事をいただきました。


シーズン外だったせいか、ここまで贅沢できて1泊15,500円。

鬼怒川温泉へは浅草から電車1本で2時間ほど、1500円でこれるので
ふと息抜きしたくなったときに訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

鬼怒川温泉 ほてる白河湯の蔵



↓登録・RTお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加  トップページへ戻る



 コメント欄

[ 2014/03/08 19:43 ]
こんにちは。日光のブログを色々読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです。













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。